矯正歯科

  • HOME  >  
  • 矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科

ご自身やお子さんの歯並びで気になることはありませんか? 歯並びが乱れていると見た目が良くないばかりか、虫歯や歯周病のリスクが高まったり、発音がスムーズにいかなかったり、咬み合わせが乱れる原因になったりなど、様々な影響につながることがあります。

こちらでは、大森駅近くの歯医者「おおもり北口歯科」が、良くない歯並び(不正咬合)の問題点や治療法、お子さんの小児矯正についてご説明します。当院には矯正の専門医も在籍。豊富な知識と経験にもとづき、適切な矯正治療を目指しています。

不正咬合の種類と問題点

歯並びの乱れを「不正咬合(ふせいこうごう)」といいます。不正咬合には様々な種類があり、食事や発話などの際に問題が発生します。次のような例にあてはまると思われる場合には、お気軽に当院へご相談ください。

不正咬合の種類 特徴 問題点
上顎前突(じょうがくぜんとつ)
上顎前突(じょうがくぜんとつ)
いわゆる「出っ歯」。上の前歯や上顎全体が前方に突き出しています。 口が閉じにくい
転倒したときなどにケガをしやすい
下顎前突(かがくぜんとつ)
下顎前突(かがくぜんとつ)
いわゆる「受け口」。下の前歯や下顎全体が前方に突き出しています。 正しい発音がしづらいことがある
子どものうちに治療を開始することが望ましい
上下額前突(じょうげがくぜんとつ)
上下額前突(じょうげがくぜんとつ)
上下の前歯、または上下の顎全体が前方に突き出しています。 唇の内側にケガをしやすい
叢生(そうせい)
叢生(そうせい)
歯がデコボコに並んだり、重なり合ったりして生えている状態。「八重歯」や「乱ぐい歯」も叢生の一種です。 歯ブラシが届かず汚れがたまりやすいので、虫歯や歯周病になりやすい
空隙歯列(くうげきしれつ)
空隙歯列(くうげきしれつ)
いわゆる「すきっ歯」。歯と歯の間にすき間がある状態です。歯の中心にすきまがある場合、「正中離開」といいます。 息漏れして、正しく発音できないことがある
過蓋咬合(かがいこうごう)
過蓋咬合(かがいこうごう)
咬み合わせが深い状態。下の歯が見えないくらい、上の歯が深くかぶさっています。 上の前歯によって下の歯ぐきが傷つきやすい
開咬(かいこう)
開咬(かいこう)
奥歯を咬み合わせても、前歯が咬み合わず、上下の歯が開いてしまう状態です。「オープンバイト」ともいいます。 息漏れして、正しく発音できないことがある
交叉咬合(こうさこうごう)
交叉咬合(こうさこうごう)
顎や咬み合わせが左右にずれている状態です。「クロスバイト」ともいいます。 正しく発音できないことがある
左右の顎の成育に差が生まれて、顔にゆがみが生じることがある

※表は左右にスクロールして確認することができます。

当院の矯正治療の特徴

必ず毎回の受診時に5枚法、小児には3枚法で口腔内撮影

必ず毎回の受診時に5枚法、小児には3枚法で口腔内撮影

白黒のレントゲン写真だけでは、歯並びや咬み合わせの現状が分かりづらいかもしれませんね。そこで当院の矯正治療では、受診日には毎回口腔内写真を撮影しております。おとなの方の場合は5枚法、お子さんの場合は3枚法を用いて撮影を行います。

5枚法 上顎咬合面、口腔内正面、下顎咬合面、 左側側方面、右側側方面
3枚法 上顎咬合面、口腔内正面、下顎咬合面

鮮明な口腔内写真を患者さんにお見せすることにより、今お口の中がどのような状態か一目瞭然です。撮影した写真を確認しながら、患者さんとのカウンセリングを行い、慎重に治療を進めていっております。

専門医によるカウンセリング

専門医によるカウンセリング

歯並びや咬み合わせで気になる点がある場合には、最初に、矯正相談(カウンセリング)を受けていただいております。当院のカウンセリングでは、すべて矯正の専門医が行っております。

カウンセリングは当院での治療方針や治療内容について知っていただくことを目的に行います。矯正治療は一般的な歯科治療と異なり、1年~数年もかかる長い治療です。だからこそしっかり内容をご理解いただき、安心して治療を開始していただきたいと考えております。

カウンセリングを受けられたからといって、必ず矯正治療を始めなければいけないというわけではありません。ご不明な点がございましたら、遠慮なく矯正専門医へお尋ねください。

一般歯科治療と同時に行える

一般歯科治療と同時に行える

矯正治療を行う歯科医院の中には、虫歯や歯周病など、矯正以外の一般歯科治療を行わないクリニックもあります。矯正治療中に虫歯や歯周病が見つかった場合にも、その治療を行わず、矯正治療だけを進めるのです。

しかし歯や歯ぐきの治療を行わず、矯正治療で歯並びをきれいにするだけでは、口腔内環境の根本的な解決に至りません。当院では矯正だけでなく、お口まわりすべての治療に対応し、歯並びを含め、総合的な口腔内環境を整えることを目指しています。

歯科用CTを用いた矯正治療

歯科用CTを用いた矯正治療

矯正治療では表面に見える歯だけをきれいに動かしているのではありません。実際に動かしていくのは、歯ぐきに覆われた歯根の部分です。そこで当院では安全で確実な矯正治療に欠かせない機器として、最先端の歯科用CTを導入しています。

歯科用CTでは、従来のレントゲンと異なり、3次元の検査データを得られます。立体画像によって歯根や顎の骨の厚み、形状などしっかり把握でき、慎重な診断が可能です。将来のリスク回避にもつながる治療計画を立案でき、スムーズな歯の移動を目指せるのです。

また、3次元の画像データは、レントゲンで得られる平面的な画像と異なり、患者さんにとっても直感的で分かりやすい画像です。歯並びがきれいになっていくプロセスや、咬み合わせの改善など、3次元のシミュレーションを用いることで、明確にお伝えすることができます。

マウスピース矯正(インビザライン)を取り扱っています

マウスピース矯正を取り扱っています

薄く透明なマウスピース型の矯正装置を用いるのが「マウスピース矯正」です。歯並びの動きに合わせて、定期的にマウスピースを付け替えていきます。適用できる症例に制限はありますが、目立ちにくい、違和感が少ないなどのメリットがあります。

当院では世界で多くの実績を持つアライン・テクノロジー社の「インビザライン」を取り扱っております。

マウスピース矯正のメリット

マウスピース矯正のメリット

マウスピースは薄くて透明なので目立たず、周囲の方に気づかれることはほとんどありません。矯正していることを知られたくない方や、目立つ矯正装置が気になって矯正をあきらめていた方におすすめの治療法です。

また取りはずし可能なので、お手入れ簡単で、虫歯や歯周病リスクを減らすことが可能です。食事のときにとりはずせば、矯正治療中も治療前と変わらず食事を楽しめます。

コンピューター上でシミュレーションを行います

コンピューター上でシミュレーションを行います

当院では治療前にコンピューター上でシミュレーションを行います。実際に患者さんのお口の中の構造を再現し、シミュレーション上で治療箇所を確認、治療完了までのイメージを確認いただけます。

iTero(アイテロ)を活用したマウスピース矯正

iTero(アイテロ)を活用したマウスピース矯正

マウスピース矯正で重要になるのが、患者さんの精密な歯型の採取です。従来は、シリコン印象材を用いて歯型を採り、それをアメリカに空輸して、インビザラインのマウスピースを作製しておりました。

当院では、歯型の採取のため「iTero(アイテロ)」というインビザライン専用の口腔内スキャナーを導入し、歯型採取を早く確実に行っております。

アイテロとは?

インビザライン治療に使用する最先端の3次元光学スキャナーです。インビザラインに用いるマウスピース型矯正装置(アライナー)を作製するために必要な歯型データを採取できます。採取時間は短くて済み、その後の装置作製時間の軽減もはかることができます。

アイテロ導入のメリット
治療負担の軽減 シリコン印象を用いた歯型の採取では、採取に何分もかかり、患者さんにとっては苦しく、負担が大きいものでした。アイテロでは約1分間という短さで、快適に歯型を採取することができます。
治療精度のアップ アイテロの精密なスキャン性能により、シリコン印象よりも正確な歯型採取が可能です。これによって、より精度の高いアライナーを作製でき、より良い矯正治療結果も期待できます。
治療時間の短縮 従来の歯型採取ではシリコン印象をアメリカまで空輸しなければならず、物理的な時間が必要でした。アイテロで採取するデータはデジタルなので、インターネットですぐに送信でき、従来よりも1~2週間早く治療を開始できます。

お子さんの歯並びが気になっていませんか?

お子さんの歯並びが気になっていませんか?

「歯並びがガタガタ」「受け口を治したい」など、お子さんの歯が生えはじめると、歯並びも気になってくるかもしれませんね。

歯並びは見た目の問題だけではありません。お子さんの健全な成長に様々な影響を及ぼすことがあるのです。こちらでは、歯並びの悪さから起こる可能性のある、身体的あるいは心理的影響についてご紹介します。

歯並びが悪いことで起こる影響
虫歯・歯周病のリスクが高まる 磨き残しが増え、虫歯や歯周病のリスクが高まる しっかり噛めないことで唾液が分泌されず、自浄作用が働きづらくなる
発音に支障が出る 息漏れや舌たらずの発生が起こりやすくなる サ行、ラ行の発音に支障がでやすい
口呼吸になりやすい 口が常に空いている状態になりやすく、口呼吸になる 口呼吸では口腔内が乾燥しやすく、唾液の分泌が減り口臭や歯周病のリスクが高まる
顎の正しい成長が妨げられる 顎にかかる力のバランスが乱れ、顎や顔つきなどが乱れる
子どものうちに矯正をするメリット

子どものうちに矯正をするメリット

「子どもの矯正はいつから始めたらいいの?」と親御さんから質問されることがあります。一人ひとり成長スピードが異なりますので、矯正を開始する最適な時期には個人差があります。しかし、一般的には子どものうちに計画的に矯正を開始するのがおすすめです。

顎の成長を利用できる 成人矯正の場合、顎の成長が終わってから行いますので、歯並びを整えるために健康な歯を抜かなければいけないケースもあります。子どものころから行う矯正であれば、顎の成長を利用しながら歯並びを整えていくので、健康な歯を抜かずに矯正できる可能性が生まれます。
治療時間の短縮をはかれる 成人矯正の場合、すでにできあがった歯並びを動かしていくので多くの時間がかかります。子どものころから計画的に矯正を進めることで、矯正にかかるトータルの時間を減らすことが可能です。s
骨格のスムーズな成長を促す 子どもの矯正では、指しゃぶりや頬杖、ポカン口などお子さんの悪い癖や、食生活の改善などをはかりながら、健全な成長を総合的に促していきます。歯並びだけでなく、顎の骨の発育やからだのゆがみを治すことにもつながります。
健全な心の成長につながる 出っ歯や受け口などはからかわれることも多く、コンプレックスになりがちです。歯並びが気になって、自信をもって話せなかったり、自然な笑顔になれなかったりすることも。歯並びの矯正によって、コンプレックスがとりのぞかれ、自信が生まれ、心身ともに健康的な生活を送れます。

矯正治療メニュー

ワイヤー矯正(成人矯正)
矯正検査 10,000円 上下の顎のバランスや歯の傾斜角度などを検査いたします。ワイヤーを使用して、どのようにして矯正治療を進めるのが効果的かしっかり検査をしてから治療に入らせていただきます。
メタルブラケット+施術費 500,000円 矯正治療でワイヤーを使用する場合、歯にワイヤーを固定するためのブラケットを装着します。メタルブラケットを歯の表面に固定してワイヤーを通せば矯正治療が始まります。メタルブラケットやワイヤーの周囲は食後など汚れがたまりやすいため丁寧に歯磨きをする必要があります。
調整料 5,000円 × 24回
便宜抜歯(必要な場合) 8,000円 矯正治療をする中で、歯を移動させるスペースがない場合は便宜的に抜歯をおこないます。小臼歯を抜歯することが多いですが、患者様のお口の状況を考慮して抜歯する歯の選定をおこないます。どの歯を抜歯して、どの程度のスペースが必要なのかは矯正治療前の検査で決定されます。
合計 630,000円 630,000円
セラミックブラケット+施術費 650,000円 矯正治療でワイヤーを使用する場合、歯にワイヤーを固定するためのブラケットを装着します。セラミックブラケットは白い材質なので矯正治療をしていることが目立ちにくい特徴があります。ブラケットやワイヤーの周囲は食後など汚れがたまりやすいため丁寧に歯磨きをする必要があります。
調整料 5,000円 × 24回
便宜抜歯(必要な場合) 8,000円 矯正治療をする中で、歯を移動させるスペースがない場合は便宜的に抜歯をおこないます。小臼歯を抜歯することが多いですが、患者様のお口の状況を考慮して抜歯する歯の選定をおこないます。どの歯を抜歯して、どの程度のスペースが必要なのかは矯正治療前の検査で決定されます。
合計 770,000円
部分矯正 50,000円~ 前歯の隙間や歯並びなど一部分だけを矯正治療したい場合、部分矯正治療をおこないます。お口全体の歯並びを矯正するよりも低コスト・短期間で矯正治療を進めることができます。抜歯を伴わないことが多いですが、場合によっては抜歯が必要になることもあります。
保定時メインテナンス 5,000円 矯正治療をした後、歯が元の位置に戻ろうとする動きをを「後戻り」と呼びます。矯正治療が終わった後は、後戻りしないように歯をその場で固定させる「保定期間」に入ります。保定と並行して、矯正治療中にできた虫歯や歯肉炎などがないかメインテナンスもおこなわせていただきます。
マウスピース矯正(10代~)
マウスピース+施術費
(検査費含む)
700,000円 マウスピース矯正は、透明な取り外し式のマウスピースを使用した矯正治療です。透明なので装着している間も目立ちにくいのが特徴です。また、食事や歯磨きをする際には取り外せるため日常生活でも難なく使用できます。当院では、マウスピースの製作費用や検査費用も含まれています。
アタッチメント 1か所 2,000円 マウスピース矯正治療では、マウスピースと歯の接触面積を増やすことを目的にアタッチメントをつけることがあります。摩耗や歯の高さが足らない場合、マウスピースが外れやすくなってしまい、十分な治療効果を得られないことがあります。アタッチメントをつけると、歯の表面に光沢が出ているように見えることがありますが、矯正治療終了後に除去されます。
IPR処置 1か所 2,000円 IPR処置とは、「Inter Proximal Reduction」の略称。矯正治療で歯を移動させる隙間が足らない場合におこなわれる治療です。わかりやすい表現をすると、歯と歯の間にやすりがけをおこないます。もちろん歯を無駄に削るのではなく、必要最低限の範囲でおこない歯を移動させます。
調整料 3,000円 × 16回
合計 737,000円
部分マウスピース矯正 100,000円~+1枚10,000円 部分マウスピース矯正とは、気になる部分だけ矯正したいという方に向けた部分矯正装置です。使用されるマウスピースは透明で薄い設計なので、目立ちにくい状態で矯正治療を進めることができます。お口全体に装着するマウスピース矯正よりも低価格・短期間な治療が特徴です。
小児矯正
6~12歳(床矯正) 300,000円 床矯正とは、歯を適切な位置に並ばせるため顎を拡大させる治療法です。成人になってからする矯正治療では健康な歯を抜歯することがあります。しかし、床矯正のようにお子様のうちから顎の大きさと歯並びを整えることで、健康な歯を抜かないで矯正治療を進めることができます。
12歳以上(ワイヤー矯正) 600,000円
※6~12歳(床矯正)から移行する場合は-300,000万
ワイヤー矯正治療とは、歯にブラケットを装着してワイヤーを通す矯正治療です。昔は、ワイヤー・ブラケットといえば金属製のものしかありませんでしたが審美性の観点から、セラミック製のワイヤーやブラケットも誕生しています。ワイヤー矯正では歯を移動させるスペースの関係で、必要に応じて抜歯が必要となることがあります。
矯正に伴う抜歯
便宜抜歯(矯正治療時)※保険適用外 8,000円 矯正治療をする中で、歯を移動させるスペースがない場合は便宜的に抜歯をおこないます。小臼歯を抜歯することが多いですが、患者様のお口の状況を考慮して抜歯する歯の選定をおこないます。どの歯を抜歯して、どの程度のスペースが必要なのかは矯正治療前の検査で決定されます。
親知らず抜歯(矯正治療時)※保険適用外 15,000円 親知らずが横向きや斜め方向に生えていると、歯を押してしまい歯並びに悪影響を与える恐れがあります。矯正治療でせっかく歯並びが改善されても、親知らずで崩れてしまったら元も子もないですよね。今後、歯並びに悪影響を与えそうな親知らずは事前に抜歯することで未然にトラブルを防ぎます。