治療費

  • HOME  >  
  • 治療費

治療費

※治療費は目安です

治療費は目安です。使用する素材やコンディションによって変動いたしますので、気になる方はお気軽にご相談ください。
※保険診療以外は税抜になります。

基本診察料(保険適用)

初診料 858円(税込)
再診料 165円(税込)
診断書 5,500円(税込)

抜歯治療(保険適用)

簡単な抜歯 1,100円(税込)
難しい抜歯 2,200円(税込)
骨の中に埋まっている場合 3,850円(税込)
歯の再植・移植※保険適用外 22,000~33,000円(税込)
テルプラグ(治癒促進剤)※保険適用外 5,500円(税込)
~矯正に伴う抜歯~
便宜抜歯(矯正治療時)※保険適用外 11,000円(税込)
親知らず抜歯(矯正治療時)※保険適用外 16,500円(税込)

虫歯の治療(保険適用)

プラスチックの詰め物 1,100円(税込)
銀の詰め物 2,750円(税込)
奥歯の詰め物 3,850円(税込)
前歯の詰め物 7,150円(税込)

神経の治療(保険適用)

神経除去 1,100円(税込)~2,530円(税込)
根の消毒 154円(税込)

虫歯の治療(自費)

E-MAX CAD/CAM法インレー
3年保証
44,000円(税込)
E-MAX ロストワックス法インレー
5年保証
55,000円(税込)
ジルコニアインレー
5年保証
66,000円(税込)
18K/20Kゴールドインレー
5年保証
66,000円(税込)

レントゲン・歯周病の治療(保険適用)

レントゲン(全体) 1,331円(税込)
レントゲン(部分的) 198円(税込)
レントゲン(3次元CT) 3,795円(税込)
歯周病の検査 660円(税込)
歯石とり 880円(税込)
歯周病手術 3,399円(税込)

インプラント

手術基本料
(1本 10年保証、ガイドシステム付)ストローマンシステム
275,000円(税込)
上部構造アバットメント+被せ物1本 165,000円(税込)
検査診断料 16,500円(税込)
~オプション~
静脈内鎮静法 66,000円(税込)
GBR 110,000円(税込)
骨移植 55,000円(税込)
ソケットリフト(1か所) 55,000円(税込)
サイナスリフト(1か所) 330,000円(税込)

入れ歯(保険適用)

部分入れ歯(歯が残っている場合) 3,300円~(税込)
総入れ歯(歯が全部ない場合) 8,800円(税込)

入れ歯(自費)

バネのない入れ歯 1床 165,000円(税込)
  ~330,000円(税込)
コバルトクロム 1床 220,000円(税込)
  ~550,000円(税込)
チタン 1床 330,000円(税込)
  ~660,000円(税込)
磁性アタッチメント 1本 33,000円(税込)
  ~77,000円(税込)
コンフォートデンチャー 1床 330,000円(税込)
  ~770,000円(税込)

セラミック

クラウン(被せ物)
E-MAX CAD/CAM法
3年保証
1歯 77,000円(税込)
ジルコニアクラウン
5年保証
1歯 88,000円(税込)
E-MAX ロストワックス法
5年保証
1歯 99,000円(税込)
プロセラ/ジルコニアクラウン
5年保証
1歯 154,000円(税込)
MB(セラミック+金属)
5年保証
1歯 110,000円(税込)
18Kゴールドクラウン
5年保証
1歯 99,000円(税込)
仮歯(保証なし) 1歯 3,300円(税込)
プロビジョナル(保証なし) 1歯 11,000円(税込)
ワックスアップ 1歯 2,200円(税込)
ファイバーコア直接法
5年保証
1歯 16,500円(税込)
ファイバーコア精密間接法 5年保証 1歯 22,000円(税込)
インレー・オンレー(詰め物)
E-MAX CAD/CAM法インレー
3年保証
1歯 44,000円(税込)
E-MAX ロストワックス法インレー
5年保証
1歯 55,000円(税込)
ジルコニアインレー
5年保証
1歯 66,000円(税込)
18K/20Kゴールドインレー
5年保証
1歯 66,000円(税込)
E-MAX CAD/CAM法オンレー
3年保証
1歯 55,000円(税込)
E-MAX ロストワックス法オンレー
5年保証
1歯 66,000円(税込)
ジルコニアオンレー
5年保証
1歯 77,000円(税込)
18Kゴールドオンレー
5年保証
1歯 77,000円(税込)

クリーニング

着色取り 11,000円(税込)

ホワイトニング

オフィスホワイトニング1 初回 22,000円(税込)
2回目以降 16,500円(税込)
(施術時間:1時間)
オフィスホワイトニング2 平日10:30~17:00 52,800円(税込)
(施術時間:2-3時間)
土日祝・平日17:00~ 58,300円(税込)
(施術時間:2-3時間)
ホームホワイトニング 約2ヵ月分
(ジェル・上歯トレー・下歯トレー)
22,000円(税込)
追加1か月分 2,750円(税込)
ホーム+オフィスホワイトニング1 38,500円(税込)
ホームブラッシングホワイトニング 8,800円(税込)
EXクリーナー(約30日分)

ラミネートべニア

形成なし 形成あり
PMMA
保証なし
11,000円(税込) 33,000円(税込)
グラディア
(1年保証)
33,000円(税込) 55,000円(税込)
e-max
(5年保証)
77,000円(税込) 99,000円(税込)

矯正

検査・分析・診断料
問診+上下模型+口、顔写真+パノラマ+CT 25,000円(税込 27,500円)
矯正装置
平日昼間料金 
10:30~17:00
通常料金
表側(唇側)ワイヤー矯正(セラミックブラケット) 740,000円(税込 814,000円) 790,000円(税込 869,000円)
裏側(舌側)ワイヤー矯正ガイド付 1,020,000円(税込 1,122,000円) 1,070,000円(税込 1,177,000円)
ハーフリンガルガイド付(上裏下表) 940,000円(税込 1,034,000円) 990,000円(税込 1,089,000円)
フルインビザライン 800,000円(税込 880,000円) 900,000円(税込 990,000円)
部分インビザライン 500,000円(税込 550,000円) 550,000円(税込 605,000円)
部分ワイヤー 300,000円(税込 330,000円) 330,000円(税込 363,000円)
小児矯正 300,000円(税込 330,000円) 300,000円(税込 330,000円)
小児矯正から成人矯正への移行 390,000円(税込 429,000円) 390,000円(税込 429,000円)
T4K(矯正入門用装置) 30,000円(税込 33,000円)
処置料:2,000円(税込 2,200円)
紛失破損、成長に伴う新作製:20,000円(税込 22,000円)
30,000円(税込 33,000円)
処置料:2,000円(税込 2,200円)
紛失破損、成長に伴う新作製:20,000円(税込 22,000円)
補助装置および治療
セラミックブラケット 装置代に含む
歯科用アンカースクリュー 装置代に含む
ホワイトワイヤー 100,000円(税込 110,000円)
フルデジタルガイド装置 200,000円(税込 220,000円)
デジタルディテーリング
(ワイヤー+インビザライン)
300,000円(税込 330,000円)
普通抜歯、便宜抜歯(1歯) 10,000円(税込 11,000円)
埋伏抜歯上顎 15,000円(税込 16,500円)
埋伏抜歯下顎 20,000円(税込 22,000円)
来院ごとの調整料
処置料 5,000円(税込 5,500円)
再診料 1,000円(税込 1,100円)
その他
装置の種類 当院再治療 他院再治療
Fix装置 処置料に含む 15,000円(税込 16,500円)
Fix除去 処置料に含む 5,000円(税込 5,500円)
プレートタイプ保定装置 処置料に含む 30,000円(税込 33,000円)
マウスピース保定装置 処置料に含む 5,000円(税込 5,500円)
再治療 同意書に記載 同意書に記載
T4Kの紛失、破損、成長に伴う新作製 20,000円(税込 22,000円) -
MTF(筋機能療法) 処置料に含む -
口呼吸防止テープ - -
マウスピース除去用ピック 800円(税込 880円) -
アライナーチューイ 500円(税込 550円) -

歯科治療費も医療費控除の対象になります

  

歯科医院で支払った診療費用が医療費控除の対象になることをご存知でしょうか?
入れ歯や詰め物・被せ物といった保険診療の費用はもちろん、自費治療の場合でも控除の対象となる場合があります。
例えば、自費治療の「インプラント治療」や「矯正歯科治療」を受けた場合でも、それが機能回復を目的としているのであれば、控除を受けられることがあります(※)。

      

医療費控除とはどのような制度かというと、家族の医療費が合計10万円を超えた場合、医療費控除の申告をすると税金が戻ってきます。
本人および同一生計者にかかった医療費の合計が、1年間で10万円(あるいは総所得金額の5%)を超えたとき、その超過分が控除の対象額となります。(ただし控除額の上限は200万円まで)

例えば家族の医療費が合計して年間12万円だったとすると、2万円が医療費控除額となります。医療費控除は一人あたりの医療費が10万円を超えていなくても大丈夫です。同一生計者の医療費を合計した額が10万円を超えていれば申告可能となります。
ただし、実際に支払った金額で、健康保険からの補填分や生命保険から入院給付を受けた分などは、控除の対象になりませんのでご注意ください。

歯科治療費はときに大きな負担となることもありますが、医療費控除の制度を上手に活用して、負担の軽減を行いましょう。
おおもり北口歯科でも、医療費控除のアドバイスを行っています。不明点などありましたら、お気軽にご相談ください。

(※)インプラント治療の費用を分割で支払っている場合は、該当する期間に支払った金額のみが対象になります。


医療費控除の例

例えばあなたが年収500万円、主婦の奥さんとお子さん2人の家族で年間の医療費が30万円だった場合には、20万円が控除の対象額となり、医療費控除申告をすると約6万円が戻ってきます。
(所得金額により還付金額は変わります)


医療費控除として認められている費用

医療費として認められるのは、実際に医療機関に支払った治療費だけでなく、通院にかかった交通費(電車・バス・タクシー代)も含まれます。
ただし予防接種や診断書作成料、駐車料金、ガソリン代などは医療費の対象外となります。


医療費控除によって軽減される税額の早見表(2014年4月時点)

医療費控除早見表


医療費控除 シュミレーター
かかった医療費
0円
合計
0円
所得金額
0円
合計
0円

~結果~
医療費控除対象額
所得税の還付金
住民税の減税額
還付金・減税額合計
所得税
課税所得金額 ~195万 ~330万 ~695万 ~900万 ~1800万 1800万超
税率 5% 10% 20% 23% 33% 40%
住民税
課税所得金額 一律
税率 10%

還付金の受け取り方法

還付金は確定申告時に医療費控除の申請をしていただくことで、指定した口座に振り込まれる形で還付されます。医療費控除の申請はご自身で行っていただく必要があり、下記の必要書類を揃え税務署にて申請を行っていただきます。当院の最寄りの税務署は「大森税務署」になります。

申告時に必要なもの・書類
  • 医療費控除の明細書(平成29年分の確定申告分から医療費の領収書は不要になりました。明細書は下記の国税サイトよりダウンロード可)
  • 医療費・交通費支出の証明書類(領収書・レシート、交通機関の利用記録となるメモなど)
  • 保険金で補填された金額がある場合はその金額がわかるもの
  • 還付金を受け取る口座番号(本人名義)
  • 源泉徴収票の原本(給与所得がある場合)
  • 印鑑

上記のものを持参して、地域の所轄税務署に行き、申告用紙に記入します。

申告時期について

申告は確定申告期限中までです。給与所得者の還付申告書の詳しい記入方法は所轄の税務署でお尋ねください。自営業の方は税理士さんに領収書をお渡しください。詳しくは、“医療費控除について(国税庁HPより) ”をご参照下さい。


関連リンク

『医療費を支払ったとき』

『医療費控除の対象となる歯の治療費の具体例(歯科矯正治療も含む)』



大森税務署の営業時間・アクセス
住所 大田区中央7丁目4番18号
開庁時間 月~金曜日 8:30~17:00
電話番号 03-3755-2111 (自動音声)
交通機関 ・JR京浜東北線 大森駅
西口 1番から3番バス停より乗車10分、「税務署前」下車 徒歩3分
・東急池上線池上駅
徒歩15分又は 1番バス停より乗車6分、「税務署前」下車 徒歩2分
MAP

児童医療費助成制度(マル子、マル乳医療証)

大田区では、区内在住の中学3年生までの児童の医療費(保険診療の自己負担分)を助成する制度を設けています。(参考:大田区HP
当院では大田区・品川区にお住まいの方が無料で受けられる定期検診も行っておりますので、この制度を活用し、お子様に健康な歯をプレゼントしてあげましょう。

  • マル乳医療証
  • マル子医療証

保険治療と自費治療の違い

歯科治療には保険が適用される保険治療と、適用されない自費治療があります。保険治療、自費治療、それぞれメリット、デメリットがあり、治療を受ける前に納得して、しっかり理解しておくことが大切です。

こちらでは大森駅徒歩50秒の通いやすい歯医者、おおもり北口歯科が歯科治療における治療費についてご説明します。治療費に関して疑問や不安な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

保険治療と自費治療の違いをご存じですか?

保険治療と自費治療の一番の違いは費用です。保険治療の場合、70歳未満の方は3割負担となります。一方、自費治療では10割負担。つまり治療費が1万円の場合、保険治療なら3,300円(税込)で済みますが、自費治療なら1万円を支払う必要があるのです。

当院では患者さんのご要望をしっかりおうかがいして、保険治療でよいのか、自費治療が適しているのかなど、的確なアドバイスを行っています。無理に自費治療をおすすめすることはありませんので、どんな治療を受けたらいいのか迷っている方も安心してご相談ください。

保険治療と自費治療の違いについて
比較 保険治療 自費治療
治療費 自己負担は一部のみ。
全国一律で料金が決められている。
自己負担は全額。
歯科医院ごとに異なる。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

ご利用可能なクレジットカード会社

  • Visa
  • master card
  • JCB
  • American_Express
  • Diners Club
  • Union Pay